活用事例


使用したからこそ分かることがある。

ITカイゼンをご活用いただいている企業各社の事例です。
導入に至る背景や導入後の効果など、実際のエピソードを交え紹介しています。


電化皮膜工業株式会社様(表面処理化工)

http://www.dhk.co.jp/

タブレット×コンテキサーで書類発行業務のITカイゼン

 電化皮膜工業株式会社様は、めっき化工、アルマイト化工などを行なう大田区の中小製造業です。得意先企業数は千社を超え、超多品種で個別受注の少量生産における加工処理を、平均1日から2日の超短納期で行います。事務作業者および現場作業者のアナログ的な判断と、ITによる効率性と確実性の両方の利点を同時に高めるために、コンテキサーを用いて独自の開発を行い効果をあげています。

株式会社今野製作所様

http://eagle-jack.jp/

 株式会社今野製作所様は、ステンレスの板金加工技術と、顧客の要求にあわせたオーダーメード型の受注設計生産において高い評価を受けています。しかしながら、個々の引き合いに応じて図面や手書きのポンチ絵から見積りを行うには、ある程度以上のスキルと経験が必要であるため、この見積り工程がネックとなっていました。コンテキサーによって過去の事例の再利用など見積り手順を効率化し売上増加につなげることができました。

見える化×コンテキサーで現場主体のITカイゼン

 株式会社今野製作所の主力製品として、工事などで重量物を上下するために爪付きジャッキがあります。受注生産と見込生産を組み合わせた生産管理を行なう福島工場では、これまでは、営業から在庫が直接見えない状態でしたが、コンテキサーを利用して在庫の見える化を実現しました。また、修理品やクレームへの対応で営業と工場が連携し、効率的な管理も可能となりました。

小島プレス工業株式会社様(自動車部品)

http://www.kojima-tns.co.jp/

 小島プレス工業株式会社様では、大手自動車部品メーカーとして、国内および海外に生産拠点をもちます。今回取り組んだ業務は、補給部品という量産後に引き続きサービス部品や保守部品として供給していく部品の管理業務です。コンテキサーによって、月次業務により内示情報を受け取り、仕入先に手配を行った後に、日々のカンバン受注に対応して増減を追加発注により管理しています。

株式会社由紀精密様(精密部品加工)

http://www.yukiseimitsu.co.jp/

受注から製造、納入までの情報一元管理による生産管理システム見える化

株式会社由紀精密様は、業界最先端の精密加工技術を武器として、航空宇宙や医療機器分野へ進出し大きな成果を上げています。これまでは、社内の生産管理システムと受注管理システムがそれぞれ市販パッケージのカスタマイズでできており二重入力の問題や見える化ができない問題がありました。コンテキサーでこれらを一気通貫で実現し、管理工数を大幅に低減させることができました。

注:株式会社由紀精密様は、本事例によって、経済産業省の中小企業IT経営力大賞2012 優秀賞を受賞しました。

株式会社今野製作所様(プレス製品加工)[2011年度]

http://eagle-jack.jp/

 株式会社今野製作所様は、ステンレスの板金加工技術と、顧客の要求にあわせたオーダーメード型の受注設計生産において高い評価を受けています。しかしながら、個々の引き合いに応じて図面や手書きのポンチ絵から見積りを行うには、ある程度以上のスキルと経験が必要であるため、この見積り工程がネックとなっていました。コンテキサーによって過去の事例の再利用など見積り手順を効率化し売上増加につなげることができました。

掲載内容の無断転載は、固くお断りいたします。



ページのトップへ戻る