検索パネルの定義 [Standard,Professional]

概要

対象コンテキストのデータ内容を毎回フィルタや検索などを行なう場合に、明細パネルの定義ウィザードでは、検索あるいはフィルタ専用のパネルを作成し、そこの入力フォームで検索あるいはフィルタを実行できるように、検索パネルを生成します。

各パートの説明

検索パネル定義ウィザードには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

検索パネルの設定
図 「検索パネルの設定」ウィザード(ステップ1)
表 ステップ1の項目
番号 項目 説明
1 項目リスト 対象パネルにある項目の中で、検索対象となる項目をチェックします。チェックされた項目について、いずれも条件を満たす(AND)で検索するようにパネルが定義されます。
2 条件 項目リスト上で選択した項目の値と、検索パネルで入力された条件値との関係を指定します。通常は「等しい」となっていますが、必要に応じて、他の条件を選択することもできます。
3 初期値 項目リスト上で選択した項目について、検索パネルで初期状態で入力しておく条件値を指定します。
4 完了 完了ボタンを選択すると、検索パネルが生成されます。

起動方法

コンテキサーの「編集」メニューの「設定ウィザード」のサブメニューから、「検索パネル追加」を選択します。

 

2016年11月23日 更新