明細パネルの定義 [Standard,Professional]

概要

明細パネルの設定ウィザードでは、親子連携されたパネルを生成します。親子連携されたパネルとは、対象コンテキスト(親パネル)で選択された行についての明細レコードを表示するための明細パネル(子パネル)を示します。親パネルのテーブルで行を選択するとその主キーに対応した明細が子パネルのテーブルに表示されるような構造のシートを生成できます。

明細パネルを生成すると、明細パネル側のコンテキストに選択限定が自動的に定義されます。

ステップ1

明細パネルの設定ウィザードには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

明細パネルの設定ウィザード(ステップ1)
図 「明細パネルの設定」ウィザード(ステップ1)
表 ステップ1の項目
番号 項目 説明
1 対象コンテキストの連携キー 対象コンテキスト(親パネル)のレコードと明細パネル(子パネル)のレコードとを結びつける親パネル側の項目を選択します。
2 明細パネルとなるコンテキスト 明細パネルとなるコンテキストがすでに存在する場合は、明細パネルをプルダウンリストから選択します。
右側の「新規作成」をチェックした場合は、新たに生成する明細パネルの名称を指定します。
3 明細パネルの「新規作成」チェック チェックすると、明細パネルを新規に生成します。チェックすると、明細パネルの既定値の名称が入力されます。
4 連載パネル上の対応項目 対象コンテキストの連携キーに対応する明細パネルのキーを指定します。明細パネルがすでにある場合は、その項目の中から選択できます。
右側の「新規作成」をチェックした場合は、新たに生成する項目の名称を指定します。
5 対応項目の「新規作成」チェック チェックすると、対象コンテキストの連携キーに対応する項目を明細パネルに生成します。対応項目の名称は、連携パネル上の対応項目のテキストボックスにて、必要に応じて指定できます。
6 [次へ]ボタン 次のステップへ移行します。

ステップ2

続いて、ステップ2に進みます。

明細パネルの設定ウィザード(ステップ2)
図 明細パネルの設定ウィザード(ステップ2)
表 ステップ2の項目
番号 項目 説明
1 集計を行なう 明細パネルの特定の列で集計し、対象パネルの特定の列の値にその集計値を設定する場合にチェックします。
2 新規(対象パネル) 集計項目を新規に作成する場合にチェックします。すでに項目が存在する場合は、チェックしません。
3 名称(対象パネル) 対象パネルで集計結果を設定する項目を指定します。新規の場合には、生成する項目名となります。
4 新規(明細パネル) 集計項目を新規に作成する場合にチェックします。すでに項目が存在する場合は、チェックしません。
5 名称(明細パネル) 明細パネルの側の対象列となる項目を指定する。新規の場合はここで指定した名称で項目が追加されます。
6 追番の作成 明細パネルに追番として列を生成するかどうかを指定します。
7 同一シート 明細パネルと対象パネルを同一シート上に置くかどうかを指定します。
8 戻る 戻るボタンでステップ1に戻ります。
9 完了 完了ボタンで明細パネルの生成を開始します。

 

2016年11月23日 更新