項目の定義方法 [Standard,Professional]

概要

パネルに項目を追加または設定するには、項目の定義画面で新規に項目を追加した後、必要に応じて項目設定画面において、詳細な情報を指定できます。

各パートの説明

テーブル形式の画面では列メニューから、フォーム形式では値のテキストボックス上で表示される項目メニューから、「項目追加」を選択することで次のような画面が表示されます。

項目の定義画面
図 「項目の定義」画面
表 「項目の定義」画面の項目
番号 項目 説明
1 項目名 項目の名称を指定します。項目は同じコンテキスト(パネル内)で重複がないようにしてください。
2 データ型 データ型を指定します。文字、番号、数値、日付時刻、時間幅、真偽値のなかから選択します。
3 初期値 初期値がある場合は指定します。
4 [追加]ボタン 内容が確定し、項目が追加されます。

主キーの自動採番

パネルの中で最初の項目を追加しようとする際には、次のような画面になります。主キーとして追加する場合は、「主キーとする」にチェックを入れて、自動採番の書式を指定します。主キーの採番時に、文字部と指定した桁数の数値を組み合わせてレコードの主キー部分が採番されます。

「主キーの自動採番」画面
図 「主キーの自動採番」画面
表 「主キーの自動採番」画面の項目
番号 項目 説明
1 主キーとする この項目を主キーとして登録します
2 文字部 採番時の先頭に付加する文字を指定します。
3 数字桁 採番時にカウンタによって増える数値の桁数を指定します。

「項目設定」画面

コンテキストの項目について詳細な設定を行なうためには、「項目設定」画面を利用します。テーブル形式の画面では列メニューから、フォーム形式では値のテキストボックス上で表示される項目メニューから「項目設定」を選択することで表示されます。

「項目設定」画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「項目設定」画面
図 「項目設定」画面
表 「項目設定」画面の項目
番号 項目 説明
1 登録ボタン 設定内容が確定され登録されます。
2 既定値ボタン フォーマットや整列が、データ型にあった既定値となります。
3 主キー チェックすると、対象とする項目が主キーとなります。
4 表示名 表形式上の列上部に表示されるタイトルです。項目名とは別の名称を必要に応じて設定できます。既定値では項目名と同一です。
5 データ型 項目のデータ型を指定します。データ型を変更すると、そのデータ型へ変換できない値は欠落する場合があります。
6 入力方法 表形式や入力フォームにおけるデータをするための入力部品を指定します。テキストボックス、プルダウン、チェックボックスなど、データ型に合わせて利用可能な入力部品が指定できます。 それぞれの入力部品については、こちらをご覧ください。
7 フォーマット

数値型や日付時刻型の場合に、見かけ上の表示形式を指定します。フォーマットを指定しても実際の値には反映されません。

記述方法は、Microsoft社の書式指定文字列の仕様に準拠しています。関連項目: カスタム数値書式指定文字列, 標準の日付と時刻の書式指定文字列, カスタムの日付と時刻の書式指定文字列

なお、主キーの項目で採番の形式を指定するには、エンティティのフォーマットを設定してください。

四則演算や関数など式の中でこの項目を指定した場合は、フォーマットが適用される前の値が使用されます。

8 整列 表示するセルの中で、文字列の位置を指定します。ただし、コンボボックスの状態では、位置は常に左詰めとなります。
9 追番 追番がチェックされていると、コンテキスト内の1からはじまる順序を初期値として自動設定されます。
10 IME IMEのチェックを外すと、入力が変換されずに半角文字としてそのまま設定されます。
11 計算式を指定できます。計算式の項目として、他の項目の値を参照するために、項目名を指定できます。
12 式ボタン 式の右にあるボタンをクリックすると、数式エディタ画面が表示され、式を簡単に作成できます。
10 集計方法

グループ化する場合や、連携(転記)で集計する場合に、この項目の値を集計する方法を指定します。

  • 「合計」は集計した値のすべての合計を求めます。文字列の場合は、値が文字列としてすべて結合され、真偽値の場合は一つでもTrueがあるかどうかを求めます。
  • 「最大値」は集計した値の中で最大の値を求めます。文字列の場合は、降順で1番目のものを求めます。真偽値の場合は一つでも真の値がある場合は真を求めます。
  • 「最小値」は集計した値の中で最小の値を求めます。文字列の場合は、昇順で1番目のものを求めます。真偽値の場合は一つでも偽の値がある場合は偽を求めます。
  • 「平均」は集計した値の平均値を求めます。
  • 「上書き」は、最後に集計された値(未定義(null)を除く)を求めます
11 累積 チェックすると、対象とする値を保持したまま、表示上は、直前のデータの値にその値を加算した値となります。 展開データの場合は、行単位で左の列の値に対して積算されます。
15 初期値 初期値に値が設定されている場合には、値が未定義である場合について、そこに指定した値または式に従った値が初期値としてとられます。
16 初期値ボタン 初期値の右にあるボタンをクリックすると、数式エディタが表示され、初期値の式または値を指定できます。

 

2018年10月15日 更新