エンティティ簡易設定

概要

コンテキストには、そのデータの保管場所であるエンティティが定義されています。1つのエンティティを複数のコンテキストで共有することもできます。エンティティの管理は、開発者版でなければ行えませんが、管理者版として、コンテキスト定義画面で設定ボタンをクリックすることで次のような設定画面が表示されます。ここでは、カウンタの設定、連結の設定が行えます。

各パートの説明

エンティティ簡易設定画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「エンティティ設定」画面
図 「エンティティ設定」画面
表 「エンティティ設定」画面の説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、カウンタおよびフォーマットの設定が確定します。
2 カウンタ カウンダは、主キーの値が重複しないように常に増加する変数です。その時点での値が設定されます。この値をもとに主キーが決定されます。
3 フォーマット 主キーが文字列である場合に、ここで指定するフォーマットが、主キーの自動採番の方法を決定します。シングルクォートで囲まれた文字は固定で、0でしめされた部分にカウンタの数字が毎回カウントアップされて設定されます。
4 属性追加 属性追加ボタンを選択すると、項目として定義されているがエンティティに属性が設定されていないものについて、属性が生成されます。
5 対象コンテキストのキー 対象コンテキストの項目の中で、連結のためのキーとなる候補を指定します。
6 連結するコンテキスト 連結するコンテキストを選択します。対象コンテキストの連結キーが、この連結するコンテキストの主キーに対応します。
7 連結コンテキストの項目 連結するコンテキスト上で対象コンテキストの項目として連結したいものを指定します。
8 連結属性の生成 内部連結を定義した後に、内部連結の実行ボタンによって、連結するコンテキストを介して、連結先コンテキストが持つ項目を対象コンテキストの項目として追加できます。確認メッセージが表示されるので“はい”を選択します。コンテキストの項目を他のコンテキストと共有できるように内部データと接続します。

 

起動方法

「コンテキスト項目一覧」画面において、[連結]ボタンをクリックします。

 

2017年1月12日 更新