クラウドデータベース設定画面

概要

クラウドデータベースは、コンテキサーが対象とするデータをクラウド上に保存し管理するためのものです。

各サイトには、複数のデータソースを定義することができ、それらのデータソースにテーブルに相当するデータを保存します。複数の業務アプリで、ひとつのデータソースを共有することも可能です。

これは、クラウドデータベースのライセンスがあるサイトにおいて利用可能です。

各パートの説明

クラウドデータベース定義画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「クラウドデータベースの設定」画面
図 「クラウドデータベースの設定」画面
表  「クラウドデータベースの設定」画面の説明
番号 項目 説明
1 [登録] [登録]ボタンでデータソースを確定します。
2 データセット 業務アプリで使用するデータセットを選択します。クラウドデータベースから利用できるデータセットのリストがプルダウンに選択できます。
3 [更新] [更新]ボタンをクリックすると、クラウドデータベース上にあるデータセットの一覧を取得します。
4 管理テーブル 主キーの競合を管理するためのテーブル名を指定します。また、新規に生成する場合は、ここでテーブル名称を指定してから[生成]ボタンをクリックしてください。
5 [生成] キーテーブル生成ボタンをクリックすると、複数のコンテキサーが同じRDBのテーブルを利用する場合に主キーの競合を回避するためのテーブルを生成します。
6 [管理ページ] クラウドデータベースの内容や定義を確認するために、クラウドデータベースページを表示します。
7 [接続確認] クラウドデータベースへ接続可能かどうかを確認します。

起動方法

コンテキサーの「ファイル」メニューから、「クラウドデータベース」を選択します。これは、クラウドデータベースライセンスが設定されたマシンでのみ実行可能です。

関連項目

クラウド上のデータセットを指定するには - 逆引きマニュアル

2015年11月17日 更新