外部データ書出画面

概要

コンテキサーの内部で追加、修正された業務データを、外部のCSVファイルやテキストファイルに保存するためには、テキストファイルへのデータ出力機能を利用します。ファイルへデータを出力するには、メニューの「ファイル」→「データ書出し」を選択し、外部データ出力の設定画面を開きます。外部データ出力の設定画面に表示されるのは、あらかじめデータ出力が許可されたもののみです。実際にデータを出力するためには、対象とするファイルの左端のチェックを選択し、書出しボタンをクリックします。この場合、すでに同一名称のファイルが存在する場合は削除され、新しい内容で上書きされます。

各パートの説明

外部データ書出し画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「外部へデータ書き出し」画面
図 「外部へデータ書き出し」画面(CSV形式)
表 「外部へデータ書き出し」画面の項目
番号 項目 説明
1 書き出す 書き出すボタンをクリックすると、チェックされているファイルの書出しが開始されます。
2 データベース型式 データ型式タブで選択すると、該当する形式の入出力コンテキストのみがリストに表示されます。
3 処理後に閉じる 処理後に閉じるをチェックすると、書込みボタンをクリックした後、書込みが正常終了した時点で入力画面を閉じます。
4 全選択 選択ボタンをクリックすると、すべての項目がチェックされます。
5 解除 解除ボタンをチェックすると、すべての項目のチェックが解除されます。
6 チェック チェックがあるもの書出しの対象となります。
7 名称 コンテキストの名称が表示されます。
8 ファイル名 書き出し先のファイルのパスが表示されます。右クリックして「ファイル」を選択すると保存先を変更できます。
9 種別 データ形式種別を表します。CSVやTEXT,TSV,RDBなどが表示されます。

 

RDBへの書き出し

実際にRDBのテーブルからレコードを読み込んだり書き出したりするためには、外部データ入力および外部データ出力の設定画面を表示し、読込みまたは書出しボタンをクリックする必要があります。データ読込については、自動読込が設定されている場合については、業務アプリケーションを起動すると同時にデータを読み込むことは可能です。

手動でRDBデータを書き出したり読み込んだりするには、テキストファイルと同様、メニューの「ファイル」→「データ入力」または「データ出力」を選択し、RDBのタブを選択します。入力および出力可能なテーブルが表示されている場合は、該当するテーブルをチェックし、書出し、または読込みボタンをクリックします。

書出しの場合は、それぞれのテーブルに対して、処理結果として、追加、更新、削除それぞれのレコード数が表示されます。また、エラー等があった場合には、結果の列の部分にデータベースから受け取ったエラーの内容が表示されます。

「外部へデータ書き出し」画面(RDB)
図 「外部へデータ書き出し」画面(RDB)
表 「外部へデータ書き出し」画面の項目
番号 項目 説明
1 書き出す 書き出すボタンをクリックすると、チェックされているファイルの書出しが開始されます。
2 入力区分 書き出すコンテキストの入力区分を表します。入力区分を選択すると、該当する形式の入出力コンテキストのみが表に表示されます。
3 処理後に閉じる 処理後に閉じるをチェックすると、書込みボタンをクリックした後、書込みが正常終了した時点で入力画面を閉じます。
4 全選択 選択ボタンをクリックすると、すべての項目がチェックされます。
5 解除 解除ボタンをチェックすると、すべての項目のチェックが解除されます。
6 チェック チェックがあるもの書出しの対象となります。
7 名称 テーブル名称が表示されます。
8 追加 外部入出力先へ追加されるレコード数が表示されます。
9 更新 外部入出力先で更新されるレコード数が表示されます。
10 削除 外部入出力先で削除されるレコード数が表示されます。
11 結果 処理結果が表示されます。

追加フラグ・更新フラグ・削除フラグ

入出力コンテキストが持つ各レコードには、外部入出力先に対して、レコードを追加する・更新する・削除することを示すフラグが記録されています。このフラグによって、データ書き出し時に、外部入出力先へレコードを書き出し処理の内容を決めています。

担当者がパネルにてレコードを操作した際や、転記,補助,コマンドによってレコードが操作された際に、操作内容に応じて、追加フラグ・更新フラグ・削除フラグの各フラグが記録されます。

各フラグは、入出力コンテキストに対応するエンティティの内容が変更された際に記録されます。例えば、入出力コンテキストAとパネルコンテキストBが同じエンティティEに対応しているとします。この場合には、パネルコンテキストBでレコードが操作されると、それに対応するエンティティEの要素を通じて、入出力コンテキストAの該当するレコードのフラグが変化します。

各フラグは、データ書出が完了すると、すべてクリアされます。何らかの理由で正常に書き出せなかった場合には、該当するレコードのフラグはそのままとなります。

データ同期が有効な入出力用コンテキストでは、各フラグが変更されるとすぐにデータ書出されるため、「外部データ書出」画面の追加,更新,削除の件数は、常に0件(クリアされた状態)となります。また「結果」欄は「データ同期済み」と表示されます。データ同期が失敗した場合は、「結果」欄に「データ同期(未完)」と表示されます。

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「ファイル」から、「データ書き込み」を選択します。

 

2016年11月30日 更新