ナビゲーション定義画面 [Standard,Professional]

概要

ナビゲーションとは、ユーザが業務の流れにそってコンテキサーを操作できるようなガイドの機能を持つサブメニューです。ナビゲーションは、業務の流れごとに必要なパネルを配置することで指定します。また、それぞれのシートにおいて、どのような操作ができるかなどをガイドメッセージとして指定することもできます。ナビゲーション定義画面を表示するには、メインメニューにおいて「管理」→「ナビゲーション」を選択します。

各パートの説明

ナビゲーション定義画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

ナビゲーション定義画面
図 ナビゲーション定義画面
表 ナビゲーション定義画面の説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、ナビゲーションの定義を終了し内容を登録します。
2 新規 新規ボタンをクリックすると、新規にナビゲーションの定義を開始できます。
3 削除 削除ボタンをクリックすると、設定されたナビゲーションの内容を削除します。
4 次へ 次へを選択すると、複数のナビゲーションが登録されている場合に、次のデータを表示します。ここで選択されたナビゲーションの編集が可能です。
5 順序 順序ボタンを選択すると、ナビゲーション順序の変更画面が表示され、表示順序を変更できます。
6 識別名 識別名は、ナビゲーションに設定された識別名です。コンテキサーが自動で設定します。
識別名の右にある表示色は、ナビゲーションを選択した際のコントロールバーの背景色が表示されます。この表示色は、色ボタンによって変更できます。
7 表示色 表示色ボタンは、あらかじめシステムに定義された5色の色を変更する場合にクリックします。カラーパレットが表示され、その登録カラーの先頭から5つが、設定カラーとなります。なお、ここで設定した色設定は、強調表示のカラーともなります。
8 色設定 色設定ボタンは、ナビゲーションの色を変更する場合にクリックします。
9 表示名 表示名は、ナビゲーションを指定する際のボタンに表示される文字列です。
10 表示幅 表示幅は、ナビゲーションメニュー(画面の[7])の各項目ボタンの横幅を表します。
11 ボタン幅 ボタン幅は、ナビゲーションボタン(画面の[5])の横幅を表します。
12 初期 初期をチェックすると、対象となるナビゲーションが起動時に画面に表示されるようになります。
13 追加 追加ボタンをクリックすると、現在編集中のナビゲーションに対して、シートを末尾に追加します。
14 削除 削除ボタンをクリックすると、現在編集中のナビゲーションですでに割当たられているパネルの中で、ユーザが指定したシートをメニューから削除します。
15 候補シート 候補シートには、シートとしてナビゲーションメニューに割り付けられる候補を表示します。1つのシートは複数のナビゲーションに対応づけることができます。
16 シートID シートIDは、ナビゲーションのメニューの中で指定されるシートのIDです。
17 表示名 表示名は、ナビゲーションメニューに表示されるボタン名を指定します。
18 説明文 説明は、ナビゲーションによってシートが選択された場合に、コントロールバーに表示されるガイドメッセージを指定します。

 

順序の変更

「ナビゲーション順序」画面によって、ナビゲーションの表示順序を変更します。ナビリストにあるナビゲーションを選択した状態で、↑ボタンまたは↓ボタンで順序を入れ替えてください。シート上のナビゲーションバーにあるナビゲーションボタンの表示順序が変更になります。

「ナビゲーション順序」
図 「ナビゲーション順序」画面
表 「ナビゲーション順序」画面の説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックするとナビゲーションの位置が登録されます。
2 上移動 上移動ボタン(↑)は、選択された現在のナビゲーションの位置を上に移動します。ナビゲーションの位置に対応して、画面のコントロールバーで順にナビゲーションボタンが配置されます。
3 下移動 下移動ボタン(↓)は、選択された現在のナビゲーションの位置を下に移動します。ナビゲーションの位置に対応して、画面のコントロールバーで順にナビゲーションボタンが配置されます。
4 ナビリスト ナビゲーションの表示位置を表します。ナビゲーションバーに右から順に表示されます。

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「管理」から、「ナビゲーション」を選択します。

 

2017年1月12日 更新