パネル生成画面 [Standard,Professional]

概要

新たにパネルを1つ追加します。1から項目を設定する方法と、すでの存在するCSVやRDBのテーブルなどを利用する方法があります。

各パートの説明

「編集」メニューにある「パネル追加」をクリックすると、次のようなパネル生成画面が表示されます。パネル生成画面には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「パネルの生成」画面
図 「パネルの生成」画面
表 「パネルの生成」画面の説明
番号 項目 説明
1 作成位置 あらたに生成するパネルをどの位置に挿入するかを指定します。「別シート」「下」「右」のいずれかを選択できます。デフォルトは別シートとなります。
2 パネル形式 パネルの形式として、フォーム形式、テーブル形式、そして複合形式のいずれの形式とするかを指定します。
3 外部取得 パネルを1から定義する方法ではなく、すでに外部データとして、CSVやRDBなどにデータおよび定義情報が存在する場合に指定します。ライセンスの状態によって、「データベース(RDB)」「CSV形式」「クラウドデータベース(AWKVS)」などがあります。
4 パネル名 新規に生成するパネルの名称を指定します。外部取得の場合は、省略できます。省略した場合には、外部のCSVファイル名やテーブル名などがデフォルトで設定されます。
5 新規追加 新規追加ボタンをクリックするとパネルを追加します。外部取得を指定した場合は、外部データソースの選択画面が表示されます。

外部データベースの指定

パネル生成時に、外部取得による生成を選択した場合には、外部データベースの種類におうじて、データソースの選択画面が表示されます。

RDBテーブルの場合

RDB上のテーブルから新規にパネルを生成する場合には、RDBテーブル選択画面によって、DSNおよびテーブルを指定します。なお、DSNは、あらかじめデータベースの定義画面によって指定しておかなければなりません。

「RDBテーブルの選択」画面
図 「RDBテーブルの選択」画面
表  「RDBテーブルの選択」画面の説明
番号 項目 説明
1 コンテキスト生成 このボタンをクリックするとコンテキストが定義されテーブルが新たに生成されます。
2 DSN名 あらかじめ設定したあるDSNの中から1つ選択します。
3 テーブル名 選択可能なテーブルの候補の中から1つ選択します。

クラウドデータベース(AWKVS)の場合

クラウドデータベースから定義を取得する場合には、あらかじめクラウドデータベースの設定画面によって、データセットを指定しておく必要があります。すでに設定済みの場合には、次の画面のように、その中に定義されているテーブル名が表示されますので、その中から対象となるテーブルを選択します。

「クラウドテーブルの選択」画面
図 「クラウドテーブルの選択」画面
表  「クラウドテーブルの選択」画面の説明
番号 項目 説明
1 コンテキスト生成 このボタンをクリックするとコンテキストが定義されテーブルが新たに生成されます。
2 テーブル名 選択可能なテーブルの候補の中から1つ選択します。

 

2017年4月18日 更新