操作メニューバー [Standard]

概要

操作メニューは、業務アプリの構築において、よく使う機能をまとめたものです。それぞれの機能を提供する画面へのショートカットとなります。

各パートの説明

操作メニューバーには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

図 操作メニューバー
表 操作メニューバーの説明
番号 項目 説明
1 読み込み 外部データ読込画面を表示し、データ入力を行ないます。
2 書き出し 外部データ書出画面を表示し、データ出力を行ないます。
3 シート再描画 シート全体について画面を構成する各パーツを再描画します。
4 全データ表示 シートに含まれているすべてのパネルについて、制約条件やフィルタ等を考慮してレコードを再構成し、表示します。
5 項目一覧 現在選択されているコンテキストに対して、項目一覧画面を表示し、項目情報を設定します。
6 パネル編集 現在選択されているコンテキストに対して、パネル編集画面を表示し、パネル情報を設定します。
7 ウィザード 現在選択されているコンテキストに対して、ウィザード画面を開き、ウィザードを用いて新たなコンテキスト連携を設定します。
8 シート シート定義画面を表示し、シートレイアウトを設定します。
9 コマンド コマンド定義画面を表示し、コマンドの定義を行ないます。
10 メニュー メニュー定義画面を表示し、トップメニューやシート切替用のタブメニューの順番等を変更します。
11 ナビゲーション ナビゲーション定義画面を表示し、ナビゲーションメニューを定義します。
12 連携(限定) 現在選択されているコンテキストに対して、コンテキストの連携(限定)画面を表示し、連携情報を定義します。
13 連携(補助) 現在選択されているコンテキストに対して、コンテキストの連携(補助)画面を表示し、連携情報を定義します。
14 連携(転記) 現在選択されているコンテキストに対して、コンテキストの連携(転記)画面を表示し、連携情報を定義します。

起動方法

コンテキサーの「表示」メニューの「操作メニューバー」をチェックします。

 

2016年9月8日 更新