入出力の詳細設定 [Professional]

概要

入出力の形式によって、それぞれ詳細な設定項目が異なります。ここでは、それぞれの入力形式ごとに、必要な設定内容について説明します。入出力対象となるデータ種別によって詳細設定タブの項目が異なります。

テキストファイルの場合

「入出力詳細設定」画面の「テキストファイル設定」タブには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

入出力詳細設定画面(テキストファイル)
図 入出力詳細設定(テキストファイル設定)画面
表  「テキストファイル設定」タブの説明
番号 項目 説明
1 登録ボタン 登録ボタンは、テキストファイルの設定を確定させ、内容を登録します。
2 入出力ファイル名 入出力ファイル名には、対象とする外部の入出力先データソースとなるファイル名が表示されます。フォルダ名の表示域にフォルダが指定されている場合は、そのフォルダからの相対的なパスが表示されます。
3 ファイル参照ボタン ファイル名の右にある[...]ボタンをクリックすると、ファイル選択ダイアログが表示されファイルを選択できます。
4 絶対パス/URL 「入出力ファイル名」で指定した絶対パスを入出力先とします。またhttp://またはhttps://からはじまるURLを入力先として指定できます。
5 コンテキサーデータフォルダ コンテキサー共通データフォルダをファイル入出力先の基準フォルダとします。Windows Vista以降では、通常C:\ProgramData\ApstoWeb\Contexerがデータフォルダとなります。
6 設定ファイルと同じフォルダ 設定ファイルがあるフォルダを入出力先の基準フォルダとします。
7 設定ファイル内 共通フォルダ 設定ファイルで固有に設定した共通フォルダをファイル入出力先の基準フォルダとします。
共通フォルダを設定することで各入出力コンテキストの保存場所を統一的に管理できます。この場合、「入出力ファイル名」は、指定した基準フォルダからの相対パスとなります。 なお「プロパティ」の「テキストフォルダ」項目
を設定した場合は、「テキストフォルダ」項目のフォルダが優先されます。
9 入出力フォルダ名 入出力先の基準となるフォルダ名が表示されます。
8 入出力フォルダ参照ボタン フォルダ名の右にある[...]ボタンをクリックすると、ファイル選択ダイアログが表示され、出力先に「共通フォルダ」を選択した場合のフォルダを指定できます。
10 ファイル名に入力日を含める このチェックボックスは、入力用ファイルに対して、ファイル名の最後に日付を付加した形でファイルを検索する場合にチェックします。例えば、“受注伝票.csv”というファイル指定をした場合には、実際のファイル名は“受注伝票120421.csv”となります。
11 ファイル名に出力日を含める このチェックボックスは、出力用ファイルに対して、ファイル名の最後に日付を付加した形のファイルを実際に書き出す場合にチェックします。例えば、“受注伝票.csv”というファイル指定をした場合には、実際のファイル名は“受注伝票120421.csv”となります。
12 ローリング ローリングをチェックした場合には、入力ファイルを読込む場合に、当日ではなく、過去の日付にあたるものの中から、もっとも新しいファイルを選択する場合にチェックします。例えば、今日が4月21日であれば、“受注伝票120420.csv”が読み込むべき最優先の候補となり、それがない場合は、“受注伝票120409.csv”などの日付の大きいものを入力対象として選択します。なお、60日以前のものは対象となりません。
13 オフセット オフセットは、対象ファイルの先頭からデータとして扱わない行数を指定します。1行目がヘッダ行で項目名が設定されている場合などは、データは2行目から定義されており、この場合はオフセットが1となります。
14 自動取得 自動取得ボタンをクリックすると、ファイル選択ダイアログが表示され、既存のCSVファイルの1行目のフィールド名からコンテキストの項目を自動的に定義します。

RDBの場合

「入出力詳細設定」画面の「RDB設定」タブには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「入出力詳細設定」画面(RDB)
図 「入出力詳細設定」(RDB設定)画面
表 「RDB設定」タブの説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると設定が確定します。
2 DSN名 あらかじめ設定したDSN名(データセット名)を選択します。なお、DSN名の設定は、データベース定義画面で行います。
3 テーブル名 指定したDSNに含まれるテーブルを選択します。
4 取得ボタン 取得ボタンを選択すると、RDBに接続し、そこにあるテーブルのリストを取得できます。取得したリストはテーブル名のプルダウンに設定されます。
5 主キー 主キーとなるRDBのテーブル上のフィールドを指定します。
6 同期用日時欄 RDBとの同期処理を実行する場合に、他のコンテキサーにおいてデータが書き換えられたかどうかを示す更新日時を設定するフィールドを指定します。
7 最大読込数 RDBの対象テーブルからデータを読込む場合の最大数を指定します。0の場合は無制限となります。

クラウドデータベースの場合

入出力詳細設定画面(クラウドデータベース)には、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「入出力詳細設定」画面(クラウドデータベース設定)
図 「入出力詳細設定」(クラウドデータベース設定)画面
表 「クラウドデータベース設定」タブの説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンを押すと、設定されたデータが確定します。
2 データセット名 設定されているクラウドデータベース上のデータセットが表示されます。
3 設定 設定ボタンを押すと、クラウドデータベース設定画面が表示され、あらたにデータセットを設定または変更できます。
4 テーブル名 対象となるクラウドデータベース上のテーブルを表示します。テーブル名タブに、データセットにあるテーブルがリストとして設定されている場合、その中から対象となるテーブルを選択できます。
5 取得 取得ボタンを押すと、テーブル名のタブに、候補となるテーブルが設定されます。
6 主キー 主キーとなるクラウドデータベースのテーブル上のフィールドを指定します。
7 同期用日時欄 クラウドデータベースとの同期処理を実行する場合に、他のコンテキサーにおいてデータが書き換えられたかどうかを示す更新日時を設定するフィールドを指定します。
8 最大読込数 クラウドデータベースの対象テーブルからデータを読込む場合の最大数を指定します。0の場合は無制限となります。

起動方法

コンテキスト詳細(入出力定義)画面において、[詳細定義]ボタンをクリックします。

 

2016年8月9日 更新