コンテキスト定義画面 [Professional]

概要

コンテキスト情報は、コンテキサーの業務アプリを構成するもっとも重要な要素となります。ここでは、コンテキストの情報を定義するための画面について説明します。

各パートの説明

コンテキストは、コンテキサーの骨格をなす構成要素です。業務アプリケーションに応じてさまざまなコンテキストを定義し、それらの関係を設定することで業務にあった情報連携のしくみを柔軟に構築できます。

コンテキスト定義画面は、そのためのもっとも基本となる画面で、この画面を起点としてさまざまな設定を追加していくことになります。コンテキスト定義画面を表示するためには、メニューの「管理」→「コンテキスト」を選択することで表示されます。

各項目の項目名、属性、表示/非表示、編集許可、データ型、そして区分名など、ここで指定できます。

コンテキスト定義画面
図 「コンテキスト」定義画面
表 「コンテキスト」定義画面の説明
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンをクリックすると、それまでの定義内容を確定させ、コンテキストの設定を確定し登録します。
2 新規 新規にコンテキストの定義を開始します。
3 複製 現在のコンテキストの定義内容を複製し、新しいコンテキストを1つ生成します。新しいコンテキスト名は、現在のコンテキスト名に数字を付加したものとなります。
4 削除 現在のコンテキストを削除します。削除の確認ダイアログが表示され、「はい」を選択すると実際にコンテキストが削除されます。
5 連結 エンティティ連結定義画面が表示され、エンティティの連結に関する設定を行なうことができます。
6 詳細 詳細ボタンをクリックすると、コンテキストの詳細定義画面が表示されます。
7 登録後に閉じる 閉じるをチェックすると、登録時にコンテキスト定義画面を閉じます。チェックがない場合には、画面は閉じずに、続けて他のコンテキスト定義の操作を行なえます。
8 パネル用/入出力/作業用 パネル用ラジオボタンをチェックすると、IDリストに表示されるコンテキストがパネル用のものに限定されます。入出力ラジオボタンをチェックすると、IDリストに表示されるコンテキストが入出力用のものに限定されます。作業用ラジオボタンをチェックすると、IDリストに表示されるコンテキストが作業用のものに限定されます。
9 コンテキスト一覧 現在定義されているコンテキスト名がリストで表示されます。表示されるリストは、パネル用、入出力用、作業用ごとに、現在ラジオボタンで選択されている種別のものが表示されます。コンテキスト名をマウスで選択すると、名称を変更できます。
10 コンテキスト定義内容 項目内容のテーブルでは、コンテキストに含まれる各項目について、その内容を定義できます。
11 限定 [限定]ボタンをクリックすると、コンテキスト連携(限定)画面が表示されます。
12 補助 [補助]ボタンをクリックすると、コンテキスト連携(補助)画面が表示されます。
13 転記 [転記]ボタンをクリックすると、コンテキスト連携(転記)画面が表示されます。
14 インポート [インポート]ボタンをクリックすると、既存の業務アプリ、あるいはあらかじめ用意されたコンテキスト定義データを読み込み、コンテキストを自動で生成します。「コンテキストを別の定義ファイルからインポートする」を参照してください。
15 エンティティ エンティティの表示部には、現在のコンテキストが基とするエンティティ名が表示されます。
番号 名称 説明
1 項目名 項目名は、コンテキストの各データを定義するために必要となる項目について、その識別名を示します。これは、コンテキストの中でユニークでなければなりません。
2 属性名 属性名は、項目がエンティティの属性に対応している場合に、その属性名を示します。項目がエンティティの属性と対応づけられていない場合、つまり、項目の値をコンテキスト自身が持つ場合には、属性名は空欄となります。
3 表示 表示にチェックがある場合には、その項目をパネル上の表形式部分で表示します。チェックがない場合には、データは存在しますが、パネル上の表形式部分には表示されません。入出力用コンテキストの場合には、チェックがあるものを入出力の対象とし、チェックがないものは無視されます(CSVの場合は位置が詰められます)。
4 編集 チェックがある項目は、パネル用コンテキストの場合に、その項目の値を入力フォームで編集可能です。チェックがない項目は、入力フォームでその項目の値を変更できません。表形式部分では、その項目に入力フォーカスが移動できなくなります。
5 データ型 データ型のコンボボックスでは、項目の値のデータ型を指定します。データ型には、文字列、番号、数値、日付時刻、時間幅、真偽値の中からいずれかを選択します。
6 区分名 項目が取り得る値の候補があらかじめ決定している場合には、それを区分として登録しておくことで、その候補値から選択するように指定できます。区分名は、その候補値のリストの名称です。ブランクの場合には、区分値のリストからの選択は行いません。区分名を設定した場合には、区分の種類により、データ型が番号または文字列のいずれかに設定されます。

 

すべてのコンテキストは、いずれか1つのエンティティと連結しています。また、コンテキストの項目の値は、通常連結しているエンティティの属性の値として持っています。したがって、項目がエンティティの属性に連結している場合は、そのデータ型は、常にエンティティの属性値と一致します。項目の定義の中で、属性を指定した場合は、エンティティの属性に値をもち、そうでない場合はコンテキストの項目が直接に値を持つことになります。

区分名としてプルダウンで選択できるのは、区分データとして定義された区分情報と、コンテキストとして定義されたものの中で、区分データとして利用を許可したもののみです。さらに、各区分情報には、主キーのデータ型が設定されており、そのデータ型と区分を設定する項目のデータ型が一致していなければなりません。

コンテキストを別の設定ファイルからインポートする

「コンテキスト」画面の[インポート]ボタンをクリックすると、インポートする設定ファイルを選択するためのファイルダイアログが表示されます。この画面で、インポートする設定ファイルとして、業務アプリの定義ファイルを選択するか、CSV形式で記述された定義ファイルを選択します。

既存の設定ファイルからのインポート

インポートするファイル選択画面にて、設定ファイル(ctpファイル)を選択した場合には、次のような定義データのインポート画面が表示されます。この画面で、インポートするコンテキストにチェックを入れて[インポート]ボタンをクリックします。

「定義データのインポート」画面
図 「定義データのインポート」画面
表 「定義データのインポート」画面の説明
番号 項目 説明
1 全て 一覧にあるコンテキストすべてをチェクします。
2 解除 現在チェックされているコンテキストをすべて解除します。
3 インポート その時点でチェックされているコンテキストの定義情報をインポートします。
4 コンテキスト一覧 選択した業務アプリの定義ファイルにふくまれているコンテキストが一覧として表示されます。
インポートで取り込まれる内容

インポートすると、設定ファイルにあるコンテキストから次の情報が複製されます。

  • コンテキストの名前
  • 項目一覧とデータ型
  • 対応するエンティティの属性一覧とデータ型
    (なお、同名のエンティティがすでに存在する場合は、そのエンティティの属性が使用されます)
  • 項目で指定されている区分リスト

 

定義ファイル(CSV形式)からの取得

コンテキスト定義情報が記述されたCSVファイルが存在する場合に、その情報をインポートすることで、コンテキストを自動生成できます。コンテキスト定義情報をインポートするためには、コンテキスト定義画面において、インポートボタンをクリックし、対象となるCSVファイルを指定します。

インポートするCSVファイルのフォーマットは、次のようになっている必要があります。ここで、データ型は、次の表に示す通りです。

表 コンテキスト定義情報のCSVファイルのフォーマット
説明
1列目 コンテキスト名
2列目 項目名
3列目 表示名
4列目 データ型

コンテキスト定義のインポートでは、元となるエンティティが同時に生成されますが、生成されたエンティティは主キー以外の属性がありません。コンテキストに対応した属性を生成するには、さらにコンテキスト定義画面において詳細ボタンをクリックし、コンテキスト詳細設定画面上のエンティティタブにある「エンティティへ属性の追加」ボタンをクリックする必要があります。

起動方法

コンテキサーのトップメニュー「管理」から、「コンテキスト」を選択します。

 

2017年1月12日 更新