プロパティ画面 [Professional]

概要

プロパティ画面には、コンテキサーのシステム情報および業務アプリケーション情報が設定されています。

基本設定

「基本設定」タブには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「基本設定」タブ
図 「プロパティ」画面の「基本設定」タブ
表 「基本設定」タブの項目
番号 項目 説明
1 登録 登録ボタンで内容を登録します。
2 ユーザ ログインしているユーザID
3 グループ ログインユーザが所属するグループ
4 業務アプリ名 業務アプリケーションを識別する際に利用する名称です。
5 業務タイトル 業務タイトルは、コンテキサーのタイトルバーに表示される名称です。プロジェクト名と異なる場合に設定します。
6 定義ファイル 既存の業務アプリの定義ファイルを読込んでいる場合は、ctpファイルがある位置が表示されます。
7 作成日/作成者 業務アプリの作成日と作成者が表示されます。作成者はユーザIDとなります。
8 修正日/修正者 業務アプリの修正日と修正者が表示されます。修正者はユーザIDとなります。
9 現在日付 現在時刻を一時的に変更する場合に利用します。ここで指定した値がtodayとなります。
10 変更チェック 現在日時の設定を有効にする際にチェクします。

初期設定タブ

「初期設定」タブには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「初期設定」タブ
図 「プロパティ」画面の「初期設定」タブ
表 「プロパティ」画面の「初期設定」タブの項目
番号 項目 説明
1 ユーザ認証する(サイト) サイトライセンスの場合、チェックされている場合は、サイトログイン画面が表示されて、サイトサーバにてユーザ認証します。チェックがない場合は、最後にログインした際のユーザアカウントでログインします。
2 設定ファイルをサーバーから取得する ここにチェックがある場合は、設定ファイルをサーバーから取得します。これは、サイトライセンスの場合のみ有効です。設定ファイルはサイトごとにあらかじめ設定したものから選択することで対応ファイルが読み込まれ起動します。
3 前回の設定を継続する ここにチェックがあると、前回利用した設定ファイルおよび各画面設定などを引き継ぐことができます。
4 コンテキサー本体の自動更新 ここにチェックがあると、コンテキサーのモジュールが更新された場合に、自動更新が可能です。
5 テキストフォルダ CSVファイルやテキストファイルを置くフォルダを指定します。各ファイルを入力または出力する際に、入出力先に「共通フォルダ」を選択した場合には、ここで指定したフォルダが起点となります。
なお、この欄で共通フォルダを指定すると、ctpファイルごとに指定している「共通フォルダ」の設定内容が無視されます。
6 データフォルダ 入力用部品の形式が“ファイル”である場合のファイルの保存先のフォルダを指定します。なお、ここでフォルダを指定すると、設定ファイルで指定している「共通フォルダ」の設定内容は無視されます
7 画像フォルダ 入力用部品の形式が“画像”である場合の画像の保存先のフォルダを指定します。なお、ここでフォルダを指定すると、設定ファイルで指定している「共通フォルダ」の設定内容は無視されます
8 Excelフォルダ Excel連携した場合に、Excelワークシートを保存するフォルダを指定します。ここでフォルダを指定した場合には、Excelを保存した場合にそのフォルダに保存されます。この欄を空句とすると、ctpファイルごとに指定した共通フォルダ下の「excel」フォルダに保存されます。
なお、一度、Excelファイルが保存されると、次回以降にExcel連携した際に、そのファイルを雛形にしてExcelファイルが開かれます。

システム変数

「システム変数」タブには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「システム変数」タブ
図 「プロパティ」画面の「システム変数」タブ
表 「プロパティ」画面の「システム変数」タブの項目
番号 項目 説明
1 グローバル変数名 グローバル変数名。グローバル変数は、設定ファイルに書き込まれます。その設定ファイルを読み込んだコンテキサーが利用できます。
2 グローバル変数値 グローバル変数の値
3 ローカル変数名 ローカル変数名。ローカル変数は、対象とするPCに保存され、そのPC上で起動したコンテキサーについて適用されるものです。グローバル変数とローカル変数が競合した場合には、ローカル変数が優先します。
4 ローカル変数値 ローカル変数の値

接続設定タブ

「接続設定」タブには、次の項目があります。それぞれについて、説明します。

「接続設定」タブ
図 「プロパティ」の「接続設定」タブ
表 「プロパティ」の「接続設定」タブの項目
番号 項目 説明
1 ライセンスURL コンテキサーのライセンスサーバのアドレスを設定します。アドレスが設定されていない場合は、グローバル認証サーバで認証します。ローカルネットワークにライセンスサーバが設置されている場合には、そのアドレスを指定します。
2 ログインURL ユーザ認証するサイトサーバのアドレスを設定します。アドレスが設定されていない場合は、グローバル認証サーバで認証します。ローカルネットワークにライセンスサーバが設置されている場合には、そのアドレスを指定します。
3 プロキシサーバーを利用する ログインやライセンス認証時などで、コンテキサーがインターネットに接続する際に、プロキシサーバを利用する場合は、チェックします。
4 アドレス Webプロキシサーバのホスト名を指定します。
ポート番号を省略すると80番が設定されます。
例) proxy.company.co.jp:8080
5 ユーザ名 WebプロキシサーバへログインするためのユーザIDを指定します。
6 パスワード Webプロキシサーバへログインするためのパスワードを指定します。

 

起動方法

コンテキサーのトップメニューの「ファイル」メニューにある「プロパティ」を選択します。

 

2016年11月9日 更新